Mayumi's Oxford

楽しくない話。

ひとつの家族があまりにも華々しく栄えている状態というのは
疑ってかかるべきだと思う。

一族全員が権力者であり同時に人格者ということは
確率的にまずありえないので、そういう場合は必ず一家に
素性の分からない外部の人間が紛れ込んでいるか
家族の誰かが胃に穴が開くくらい無理をしていて
可哀相なことになっているはずです。


待望の「華麗なる一族(続編)」のDVDが届いたものの、
まゆみ妹(24)が最終回だけ録り忘れる
という大ポカをやらかして、
悔し涙のまゆみですこんにちは!




裁判は!裁判はどうなったの!!
・゚・(ノД`)・゚・ぐはー

でも知ってても言わないで!!!!



いきなり物騒な始まり方をして申し訳ないけれど
今回はあまり明るくない話題。


1ヶ月ほど前の話になりますが、オックスフォードで
夜中に出歩いていた女子学生が、
帰り道に暴行される事件がありました。
しかもまゆみが試験用のカーネーションを買いに行った
あのマーケット構内で。


この事件をうけて、うちのカレッジでは
「ホラ、遅くなったらこれで帰ってきなさい」
お父さん的アプローチでセキュリティを強化することにしたもよう。

つまりはタクシー代がでるのです。


厳密には、

1)女子なら11pm以降、男子なら1am以降に
2)ひとりでタクシーに乗っていた

ことを証明するレシートと引き換えに、全額の2/3を
請求できるシステム。


同様にSt Hugh'sでは、一定の時間以降なら
どこから電話しても1ポンドで寮まで何人でも送ってくれる、
ナイトバスサービスが去年からあるとか。


オックスフォードなんかロンドンに比べれば本当に田舎で、
私なんか朝の1時とか4時とかに平気で出歩いていたし
襲われるなら絶対人間以外の何かだろうと
タカをくくっていたんですが、(寮の目の前墓地だし。)
まあ変態さんと犯罪者は神出鬼没ですからね。
数年前、ケンブリッジでも連続通り魔事件があったっていうし。


それから、実はBalliolでは過去2年間の間に、
1年に1人ずつの頻度で2人の自殺者が出ています。
1人は院生で、もう1人はJCR(学部生)の生徒会長。
詳しい情況や動機などは解明されていないので
めったなことは言えませんが、そのたびに学生に対する
監視の目が少し厳しくなるような気はする。
一度、週末ぷいっと実家に帰ってしまったときに、ポーターから
所在確認の電話がかかってきたこともあった。


これで読者さんから「オックスフォードって危ないんですね!」とか
「やはりものすごく(精神的に)厳しいんでしょうか?」とか言われてしまうと
ちょっと困ったかんじなのですが。
学生生活が楽しいことばかりではないのは、
どこの国も一緒です。


久しぶりのオックスフォード更新がこの話題。
でもこういうのも含めて実態だから。


大学生ブログ選手権

| | コメント (5) | トラックバック (0)

踊れアリス

English National Ballet(イギリス国立バレエ)のバレリーナとして活躍中の、我らがガールズナイトメンバー・Sリちゃん。

現在彼女が出演中のバレエ「不思議の国のアリス」が、地方公演ではるばるオックスフォードへやってくるというので、Nちゃんと観にいってきました。

オックスフォードとアリスの密接な関係については以前書いたのでアリスがモデルになった学生証サンプルの話とか)ここでは省略。私のアリスウンチクも後で書くのでここでは省略。でもオックスフォードでアリスを観るのって、ドイツでソーセージを食べるとかスイスで時計を買うのと同じくらい、非常にベタで適切なことだ!と我ながら感心。

建物の上で小さく主張するクリスマスツリー。

開演まで少し時間があったので、オックスフォード名物(らしいよ)のアリスショップでおみやげを物色。ここは、少女時代のアリス本人がお菓子をよく買いに来たという、「鏡の国のアリス」にも出てくるお店で、アリスグッズが充実してます。


まゆみが買ったのは、「アリスのお茶会」紅茶と、ポストカードセット。何気にキッチンアイテムも優秀。オンラインショップでも色々買えるみたい。

で、開演。

Sリちゃんはハートのトランプの役なのですが、第一幕ではワシの子役とのこと。鍵穴を抜けたアリスが泣き出して、涙の洪水に呑まれそうになる場面でふわふわと登場(・∀・)。

実は、本番前に会ったときに「今日はなんかちょっと面白いことやるね!」と言ってたSリちゃん、ココで「がぼがぼがぼ…」と溺れてくれた。Nちゃんリクエストの「コマネチ」は却下されたもよう。

うさぎが跳ねて、スイートピーが舞って、トランプが飛んで、ひらひらと通り過ぎる夢の中のできごと。







Copyright: English National Ballet.

とても華やかな2時間だったのですが、土曜日のマチネということで周りにはチビッ子がいっぱい。舞台スキーの私は、キッズinシアターに関しては「静かに観ろor出てけ」というスタンスなので、駄々をこねたり椅子をバタンバタン言わせて立ち上がったりする子供たちがとにかく目障り気がかりで!

お と な し く ウ サ ギ 穴 に 落 ち て く れ

と思った。全くもう。

欲を言えば、脱走するムール貝と、ゲートボールの場面でのフラミンゴに出てきてほしかったけど。きれいな舞台でしっかり目のビタミン補給できました。Sりちゃんお疲れさまー、1月のジゼルもよろしくね!

大学生ブログ選手権←何気に修羅場だけどばんばん更新しますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

一日イヴ

Balliol MCRの夏の恒例イベント、Holywell Manor本館のお庭で開かれるHolywell Garden Partyに行ってきました!

パーティのテーマはずばり【エデンの園】

↓入り口に、Welcome to Paradise楽園へようこその文字↓

ドレスコードは、男性:ブラックタイ(蝶ネクタイのフォーマル・ウェア)、女性:イブニングドレス。裸だと思った人は反省するように。


↓服装だけならアッシュも行けたね…↓

今回は、最後までウィンブルドンのお仕事の日程が決まらなかったのもあって、ギリギリにチケットを購入。売りきれ寸前だったみたいで、間に合ってよかった!でもあまり時間がなかったので、ドレスは妹のを借りて、クラッチバッグは急遽母に買ってきてもらって、ショールは実は薄手のスカーフなのを代用して、なんとかありあわせ間に合わせました。

↓サロン行ったからアタマがすごいことに。↓

↓前はこんなの。↓

パラダイスへGo!
↓↓↓↓

続きを読む "一日イヴ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あの人もOxonian?

昨日に引き続き、今日で試験が終わる友だちのために、赤いカーネーション買って来ました。そしたら今日はかわいくラッピングしてくれた。

昨日が白で今日が赤なら、一晩で大出血だね!

ちなみに、試験場の中では一切水分を取ってはいけないんです。…伝統なので。せめてそういう「規則」ならまだ諦めもつくものを…。

A-Level(大学入試)のときは、2時間以上の試験には、お水はもちろん、ちょっとしたお菓子を持って入ってもよかったんだけどなぁ(長期間の緊張状態で血糖値が下がるのを防ぐため)。あ、もちろん小さなミントとか飴玉とかですよ。

「のり塩ポテチ」徳用袋とかハーゲンダッツ(抹茶味)とかさすがにダメだよ!!

でも、こんな暑い中サブファスクで3時間の試験を強要しておいて、お水の一口も飲ませないって、絶対なんかの法律にひっかかってる気がする。集団で脱水症状でも起こしてみたら何か変わるのかな。



全然関係ない話。万年サブファスクの人をみつけました。

↓某ブラック・ジャック先生。↓

ガウンでしょ、白シャツでしょ、リボン(それ女性用ですが)でしょ。オックスフォードのどこにいてもおかしくないよ。入学式とかに紛れててもきっと気付かないよ。

↓ホラ。↓


ぽちっと押すのよさ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

試験とカーネーション(と蹴球…)

朝からお花やさんの前にいるまゆみさん。
昨日、デスノート最終巻を3am頃まで読みふけって、眠いはずのまゆみさん。
なぜこんなところにいるのでしょう?


答え:友だちの試験用のカーネーションを買いに来たから。

ただいま、試験も終盤を迎え、ラストスパート中のオックスフォードの学生たち。試験を受ける時は、正装Sub fuscを着用する規則。Sub fuscとは、男性:黒ジャケット、白い蝶ネクタイ、白シャツ、黒いズボン。女性:白ブラウス、黒ズボン・スカート、黒いリボン。このうえに男女とも黒いガウンを羽織って完了。

↓これ。↓

↑入学式のときにも着たよ。↑

現在33℃。こんな格好で出歩くこと自体、ちょっとした拷問ですが(試験以外の何かに負けそうな気がする)、一応試験会場の行き来のみ着用すればいいわけで…(下に短パンをはけとでも?)。

オックスフォードのならわしで、試験を受ける人は、試験の進み具合によって色の異なるカーネーションをこのガウンに挿すことになってます。

試験初日:白いカーネーション。
中間の試験:ピンクのカーネーション。
試験最終日:赤いカーネーション。

しかもこのカーネーション、自分で買うのは縁起が悪いとされていて、必ず友だちに買ってもらうきまり。私の友だちは今日試験初日だから、私は白いカーネーションをお買い上げ。お店の人がピンも刺してくれた。

↓黒板に、"Exam Carnations - Good Luck"の文字。

あんまり暑かったので、ふくろに入れてぶんぶん振り回してたら(コラ)ちょっと潰れちゃった!( ̄□ ̄|||)ゴメンよぅ。

後で聞いた話によると、実はこのカーネーションの色、学生の流す血を表してるんだって。だから本当は、初日に白いカーネーション一本買って、あとはそれが徐々に血の色に染まってくんだって!

ぎゃああああああああああああ!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

もっとキュートなならわしだと思ってたよ!!!!
友人の成功を祈って贈る類の!

悲劇の蹴球へGo
↓↓↓↓

続きを読む "試験とカーネーション(と蹴球…)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

そんなこんなで

ラジオでおしゃべりしてきました☆(↓コメント参照)。

よく考えもせずにOKしちゃったけど、
「インタビューはお電話で!」
おでんわで…オデンワデ…オデンワデ…

あれ?私、ミクシィで「電話だと焦るコミュ」に入ってるくらい、電話が苦手( ;゚Д゚)だって言わなかったっけ!?

↓これだ。↓

TBSでバイトしてたときも、自分用に電話応答マニュアル作って、目の前にセロテープで貼ってました☆にも関わらず、受付のお姉さんが出てくれることを祈って、たいがいシカト作戦を決行していた私。

だ、大丈夫だよきっと。今回ちゃんと台本あるし(質問事項は事前に打ち合わせ済み)。
いきなり変なこと言われたりしないよ。
いよいよわかんなかったら、「ワタシヒラガナシカワカラナーイヽ( ´ー`)ノ」とか言えばいいよ。(←電話だよ…?)

ということで、【KBC ラジオ:パオーン】です。

時差のせいで、7amには待機してなければいけなかった私(日本での放送時間はお昼)。実は、電話どうのこうの以前に、「寝過ごしたらどうしよう!!!!」ということが一番心配だったり。寝起きで「ぼ、ぼしぼしぃ~」とかシャレにならないもんね。起きてるときでも大概寝言しか言わないのに…。

本番20分前くらいに、スタッフの人から確認の電話。
「最後のクイズ、○○のお値段は一体ハウマッチ!ってふってください」。

「ハウマッチ!」ね。OKわかった。
ハウマッチ。ハウマッチ。ダメだこういうの絶対笑っちゃう。

いざ本番★

↓↓↓↓

続きを読む "そんなこんなで"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

オックスフォード日本校

mixiからひっぱって来たニュース。

◎初の分校を日本に設立へ=英オックスフォード大
(時事通信社 - 05月10日 17:10)

【ロンドン9日時事】イギリスの名門オックスフォード大学が、先端技術の実用化で包括提携している三井物産と共同で、日本分校の設立を検討していることが、9日明らかになった。同大が分校を開設するのは国内外を通じて初めて。

関係者によると、具体的な開設時期、場所などの詳細は今後詰める。三井物が出資者を募り、分校の運営主体となるジョイントベンチャーを設立する案が有力だ。オックスフォード大は講師を派遣するほか、大学運営のノウハウを提供する。 

[時事通信社]

ふ、ふーん…(- -;)(リアクションに困る)

カレッジ制度も含めて、「オックスフォード大学」をまるっと再現しちゃうんだろうか。でも、オックスフォードってイギリス国内の基準からしてもタイガイ変なトコロだしなぁ…。

【以下、私の勝手な予想】

とりあえず、カレッジ名はMitsui Collegeだよね。

↓それで、カレッジ紋章はこんなのなの(笑)↓
↓参考までに本物はこんなの。Balliolは上から二列目の左端!

それより、オックスフォードが一体どんな大学運営のノウハウを伝授するんだろう。

①:授業はサシで!!!!(賛否両論ありますけどね。まあこれはいいとして。)
②:毎年、隅田川でレガッタ!!!!(川は適当です)
③:食事時にラテン語で全員祈りの時間!!!!もしくは漢詩で。(←特別配慮)
④:1年生は問答無用で共同生活!!!!

その他、試験日程ギリギリまで決まらないとか。
学部とカレッジの仮面夫婦ぶりとか(※お互いコミュニケーション全くナシ)。
大学全体のアメリカぶりとか(※各カレッジに一定の自治権がある連邦行政)。
数日間大学に泊り込み、色んなカレッジでの面接をたらい回しにされる入学試験とか。

…あの、どの辺をインポートなさいます…?

【オックスフォード大学受験:傾向と対策!】とか【バカとブスはオックスフォードへ行け!】系の書籍が次々発売されたりして。この場合もやっぱりOxford University Press出版…?受験生の購買意欲を煽るの。…はっ!三井の本当の狙いは景気回復効果…!?(違

まあ実際には、日本の大学での単位が使えたり、短期の交換留学制度がちょっと整ったり、共同研究の機会が少し増えたりする程度でしょうけどね。


↑ブログのビタミン★↑

| | コメント (7) | トラックバック (0)

愚痴Supervisorがコワイ話。

Supervisor(監督)教授とのミーティングで、
みっちりダメ出しくらってきたまゆみですこんにちは!(辛うじて笑顔


2時間のうち、お小言1時間55分。本人は建設的批評と言う。
                    …褒めるの5分。


私のスーパバイザーって、こう、ちょっと怖いっていうか。
あなた、undergradの間のあだ名は多分鬼ジジイでしょう?っていうか。←推測。


わめきちらしたり怒鳴ったりするんじゃなくて、
ニッコリ笑って斬るタイプ?

いっそのこと本でも投げつけてくれた方がいくらかマシですよ蜷川さん。
蜷川幸雄@演出家:役者に気に入らないことがあるとモノが飛んでくるらしい)。


当然、会うときは大ダメージに備えてマウスピース装着
完全理論武装。


…にも関わらず完敗。

マリオならあとワンライフで死んじゃう、くらいの。


さんざんダメ出ししておいて、

「はい、じゃ僕の形をした人形に釘でも打っておいで☆」とか言うの。
                         …そんなくらいじゃ足りないよ(╬☉д⊙)


なんでも、チュートリで本読んでない学生がいると、普通に出てけって言うらしい。

私がundergradのときなんて、しょっちゅう課題の本読まないで授業に出てたよ!
それどころか、読んでない本についてプレゼンしたり、エッセイ書いたりもしたよ!
良い子のみんなは真似しないでネ。

一度(undergrad時代)、誰かがある課題図書についてプレゼンしなくちゃいけなくて。
その子は本読んでなくて。先生が席をたったすきに、

プレゼンター:「ちょっと、誰でもいいからおおまかなあらすじ早く教えて!」

みんな:「(シーン…)」

プレゼンター:「…あらすじ知ってる人いないの?」

(実はみんな調子合わせてるだけで誰も読んじゃいなかった)

プレゼンター:「…じゃあさ、じゃあさ、誰も読んでないならさ…ちょっと創作…する…?」

あうんの呼吸で一致団結したクラスは、その後架空の図書について架空の討論を繰り広げるべく、すばやくシナリオを作成。(テキトーに「意義あり」って言う人とか「はぁー」って感嘆する人も配役して、最後は円満に結論に達する、っていう筋書き)。

これぞチームワーク!!これぞ青春!!


まあ、そういうのはもうまかり通らないっぽい。(当然


一瞬、スーパーバイザーのおでこに油性ペンで「怨」って書いてやろうかと思ったけど。

でも大丈夫、まだ陰陽師は呼ばない。

↑現在、(左から順に)14位・60位・5位

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Corpus Formal Hall

Corpus Christi CollegeのFormal Hallにお呼ばれしてきました☆
Formal Hallとは、カレッジが主催する晩餐会(大体週一ペースで各カレッジが行っていますが、毎日がFormal Hallのカレッジもあれば、全く行わないカレッジも)。それなりにオシャレして出席するのがならわし。普段のごはんとは違って、ちゃんとウェイター・ウェイトレスさんが付き、スターターからデザートまで3コースの食事が出ます。

↓小さめながらも、アットホームなCorpusの大広間↓

気になるメニューも要チェキ☆(←古)
↓↓↓↓

続きを読む "Corpus Formal Hall"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

…げ。

きのう、無意味な夜更かしをしたせいで久しぶりに朝寝坊。
そしたら今、スカウトさん※お掃除のおばちゃんが部屋のお掃除に来ちゃった!


おばちゃん:(コンコンコーン)
まゆみ:(まだ寝てる)「…どうぞ…」
おばちゃん:(ガチャ)「お部屋のお掃除ですよー★」
まゆみ:Σ( ̄□ ̄;)「…あの…寝ててもいいですか…?」(だってまだパジャマだし!)
おばちゃん:「いいよいいよ、そのままで」

っていうかね、学生寮に掃除のおばちゃんが来ること自体、考えてみればすんごいブルジョアな話ですよ。キングス時代なんか、各自の部屋はもちろん、キッチンとかの共同スペースをいかにきれいに保っているかって、週一で調査官が来たよ。この調査、落ちるとそのフロアの住人全員の家賃デポジットから清掃代を引くっていう決まりになってたから、調査の前日にはみんなでピカピカにキッチンを磨いたもんさ!

それが今は何。

ごみ箱は部屋の外に出しておけば毎日かえてもらえるし(キングス時代は当番制でみんなで出した)。
おばちゃんが掃除機かけてる間、私ベッドに座ってボーっとしてるし。
シンクをしゃこしゃこ磨いてもらってる間、エラそうに「イースターどうだったー?」とか言ってるし。

…姫だよ。完っ全に姫だよ。イケナイイケナイコンナンジャイケナイ。

でも私の部屋、いつもきれいだって褒められた>∀<
中には、掃除するのに40分とかかかる部屋もあるらしい。

まゆみ:「ベッドにクッキーの粉とか落ちてたりするんでしょ。カーペットにジュースこぼしてたり。」
おばちゃん:「(17歳の息子がいるので)そんなん全然驚かない。」
まゆみ:「じゃ何が落ちてるの?っていうか何が汚いの?」
おばちゃん:「言っても多分信じないと思う。


…何!何が落ちてるの!!!!!Σ( ̄□ ̄;)

まあね。うち、毎日ごみ箱取替え制だから、フラットメートのごみ事情がまるわかりなのね。

確かに、半分も飲んでないコーヒーが入った紙コップが捨ててあったり。部屋にシンク、アルデショ…?
食べかけのピザ@箱入りが縦に捨ててあったり。
明らかに数週間放置された牛乳が捨ててあったり。キッチンに流そうよ。臭いよ。

そういえば、妹の東大の寮引き払うときも。
半日かけて2人で掃除して(私@巻き添え)、事務所の人に確認してもらったら。

事務所の人:「うん、全然問題ないですね。キレイにして頂いて。全然掃除とかしない人もいるんで」
ま+え:「そうなんですか…」
事務所の人:「特に女の子ヒドイですねぇ…トイレとか…。」…トイレ?

そういって、彼は寂しそうにため息漏らしてましたけど。

掃除くらいしようよ!(╬☉д⊙)ってはなし。
東大女子もoxonianも。キレイ好きさんももちろんいるんだろうけど。

あ、ちなみに私、実家の部屋はかれこれ数ヶ月全然掃除してません。
相部屋なのでそろそろ妹に殺される。

←スカウトさんの掃除機の名前は「ヘンリー」(関係なし)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧