« 続! | トップページ | Mayumi moves »

蜘蛛男。

しばらくぶりにアテネ仲間のとある友人に会って
私は彼女に向かって少々泣き言を言ったのですが、
その友人は豊富な人生経験と独特の切り口で
常にびしりとスリリングなセリフを言う人です。

そして私は彼女にキュキュキュとほっぺを撫でてもらい
最後は名古屋弁でお尻を叩かれて、
あっさりとHPが少し回復。

私より身長は低いくせに
器の大きさは2ケタほど違う友人でした。
彼女はこのブログの存在を知らないのでここで告白。(そういうことは本人に!)


で、2人で観てきました。スパイダーマン3。
※ネタばれ入りまーす。※



最初に断っておくと、私はスパイダーマン1が出た当初は
これはギャグ映画だと信じて疑いませんでした。
だってあのタコみたいな悪の親玉。
ジャキーン!と秘密兵器が出てくる敵のアジト。
ストレッチの効いていなさそうな全身タイツヒーロースーツ。
全て男の子(推定5歳)の夢の中の設定のようで、でもどこか爽快です。


今回スパイダーマンは宇宙から突然やってきた邪悪な寄生虫(?)に
取り付かれてしまうのですが、その謎の生命体が
ネチャネチャした黒い粘着質の物体で最高に嫌な感じです。
そしてもうひとりの敵は巨大な砂のバケモノ。
サラサラと実態がないところとか、
湿らせて固めてもぼろりと崩れるところとか、
砂のあの質感が苦手な人は結構多いと思う。悪役は素材も大事。


貴重な「助けられ要員」だから仕方ないのでしょうけど
それにしてもMJは毎回毎回とんでもない目に遭っていますね。
私が彼女なら、スパイダーマンとお付き合いを始めた時点で
一番高い生命保険に入り、外を出歩くときは絶対スカートは履かないようにする。
だっていつまた高層ビルのてっぺんから吊るされるか分からないんだもん!
そして、洗濯した例のヒーロースーツをベランダに干すたびに
軽くため息が出ると思う(笑)。逆さキス1つじゃちょっと割に合わない。


それと人間の姿のスパイダーマンはなぜあんなに役に立たなさそうなのか。
スクーターに乗ってる姿とか、オーラもスター性もまるでなくてちょっと笑えます。
ジャズ喫茶で踊り狂う彼を私はなぜか直視できなかった!(恥ずかしくて)


そんな彼も一応ヒーローなので当然たくさんケガをするのですが
今回もガラス窓を突き破ったり、鉄パイプに頭をごいん、とぶつけたり
普通に痛そうな場面の連続で、
私は座席でだんだんと前のめりの姿勢になってしまいました。
でもここまでされてもスパイダーマンは死なないのに、あの黒い物体。


鐘の音で死ぬってどういう弱点さ!
日本だったら年が越せないよ!?


4も出るのかな。
作ってくれたら観にいきます。


大学生ブログ選手権


COURRiERブログも見てね!

|

« 続! | トップページ | Mayumi moves »

Mayumi reviews」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415146/7553232

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛男。:

« 続! | トップページ | Mayumi moves »