« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

楽しくない話。

ひとつの家族があまりにも華々しく栄えている状態というのは
疑ってかかるべきだと思う。

一族全員が権力者であり同時に人格者ということは
確率的にまずありえないので、そういう場合は必ず一家に
素性の分からない外部の人間が紛れ込んでいるか
家族の誰かが胃に穴が開くくらい無理をしていて
可哀相なことになっているはずです。


待望の「華麗なる一族(続編)」のDVDが届いたものの、
まゆみ妹(24)が最終回だけ録り忘れる
という大ポカをやらかして、
悔し涙のまゆみですこんにちは!




裁判は!裁判はどうなったの!!
・゚・(ノД`)・゚・ぐはー

でも知ってても言わないで!!!!



いきなり物騒な始まり方をして申し訳ないけれど
今回はあまり明るくない話題。


1ヶ月ほど前の話になりますが、オックスフォードで
夜中に出歩いていた女子学生が、
帰り道に暴行される事件がありました。
しかもまゆみが試験用のカーネーションを買いに行った
あのマーケット構内で。


この事件をうけて、うちのカレッジでは
「ホラ、遅くなったらこれで帰ってきなさい」
お父さん的アプローチでセキュリティを強化することにしたもよう。

つまりはタクシー代がでるのです。


厳密には、

1)女子なら11pm以降、男子なら1am以降に
2)ひとりでタクシーに乗っていた

ことを証明するレシートと引き換えに、全額の2/3を
請求できるシステム。


同様にSt Hugh'sでは、一定の時間以降なら
どこから電話しても1ポンドで寮まで何人でも送ってくれる、
ナイトバスサービスが去年からあるとか。


オックスフォードなんかロンドンに比べれば本当に田舎で、
私なんか朝の1時とか4時とかに平気で出歩いていたし
襲われるなら絶対人間以外の何かだろうと
タカをくくっていたんですが、(寮の目の前墓地だし。)
まあ変態さんと犯罪者は神出鬼没ですからね。
数年前、ケンブリッジでも連続通り魔事件があったっていうし。


それから、実はBalliolでは過去2年間の間に、
1年に1人ずつの頻度で2人の自殺者が出ています。
1人は院生で、もう1人はJCR(学部生)の生徒会長。
詳しい情況や動機などは解明されていないので
めったなことは言えませんが、そのたびに学生に対する
監視の目が少し厳しくなるような気はする。
一度、週末ぷいっと実家に帰ってしまったときに、ポーターから
所在確認の電話がかかってきたこともあった。


これで読者さんから「オックスフォードって危ないんですね!」とか
「やはりものすごく(精神的に)厳しいんでしょうか?」とか言われてしまうと
ちょっと困ったかんじなのですが。
学生生活が楽しいことばかりではないのは、
どこの国も一緒です。


久しぶりのオックスフォード更新がこの話題。
でもこういうのも含めて実態だから。


大学生ブログ選手権

| | コメント (5) | トラックバック (0)

イースター明けでネタがないので

今回は友人をダシに使います。


私の周りには、薬剤師だとかバイオケミだとか
何故か理系の人が多いのですが、
中でもここ数年は医学部の友人がたくさんいます。
(その次に多いのが法律関係)(その次金融関係)(where are 文系・・・?)


彼ら(彼女ら)は、まゆみと同年代の学生でありながら、
あるときは地方の開業医に研修に飛ばされ、
またあるときは救急病棟で夜勤をし、
そのうえ一学期の間に○○科と○○科と○○科をたらい回る、

というような生活をしています。


当然、彼らの言う
「明日も朝から学校かーーー・・・ダルイなぁー・・・」系のセリフは、
私のそれとは意味も重みも全くちがう。
私はせいぜい早起きして資料を読んでるくらいですが、
彼らはたぶん胃潰瘍のオペとかしている。


今回のネタ提供者友人はなにげにこのブログでもおなじみの二人。
ひとりは、ガールズナイトメンバーで、クラブでブーツごと燃えた例のあの人。
「せっかくだから適当な伏字ネーム考えなきゃねー」と言ったら、
「面白いあだ名がいい!まゆみ妹(24)に匹敵する感じの!!」
とリクエストが。どうでもいいけどまゆみ妹(24)はあだ名じゃないぞ。

ということなので、命名:アミーゴ@ボンバー医学生。、、、ほら言わんこっちゃない。

そしてもうひとりは、Did youのカレです。(通称kk)
両方分かったマニアなあなたに拍手。


あるとき、そのアミーゴがふわふわのペンとかシールとかを
じゃらじゃら持ち歩いていて、おまけにこういうのが欲しいとか言ってたのですよ。↓


何このライオン。

↓↓↓↓

続きを読む "イースター明けでネタがないので"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「まゆソ」映画化決定!?

・・・って今さらエイプリル・フール?

いや、ここはイースター特別企画ということでひとつ。許して。
こういうので遊び始めると止まらない性分なので。

お好きなジャンルを選んでください(音が出ます)。


「まゆソ」ヒューマンドラマ版!



「まゆソ」ホラー版!



「まゆソ」アクション版!




「まゆソ」SF版!



「まゆソ」学園コメディ版!




あ!間違えて主演がまゆみ妹(24)になってる!


個人的にはホラーが一番観たいです。
いずれも大ヒット上映中ですのでよろしく(*´艸`)


大学生ブログ選手権

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Easter写真館

いつの間にか夏時間に切り替わり、
今週末はいよいよGood Friday→Easter Sunday→Easter Mondayです。


というか、気がつけば3月31日に、このブログを始めて一年が経っていました。
〓☆ 祝 ☆〓 まゆソ、一歳。
これからもどうぞよろしくお願いします。_|\○_


今はイースター休暇中なわけですが、イースター休みって時期的に
試験前の復習期間を兼ねてるから、9年生(中3?)くらいからこっち、
ロクな思い出がない。
しかも天気は曇天or雨と相場が決まっている。
毎年の恒例行事でブルー(o´_`o)ハァ・・・ になってたら、


まゆみ妹(24)@JAPAN:
「よしよし、じゃなんかこっちからハッピーになるもの
送ってやるから!
何がいい?」

餌で釣られた!24にもなって!(。・ε・。)


でも先週末は珍しくお天気がよかったので、
久しぶりに集結したアテネメンバーとお花見に行ってきました@Regents Park.


ohanami.JPG


食べ物は一品持ち寄り制で、まゆみは手ごろなバッグがなかったので
マックの紙袋にお料理を入れて持っていたんだけど、
その袋が偶然「アテネオリンピック・キャンペーン中」のときのだった。
きっとなんか呼んでたんだね。

実は放送センター内にマクドナルドがあって、
仕事のときのかき込みごはんはマック率が高かったのダ。

思わずみんなで「ビンテージ!ビンテージ!」コール。(3年モノだけど


そのうえ途中で誰かが余計なことに気がついて。


「でもこの木ってさー・・・桜?
エェ━━Σ(-`Д´-;)━━ッ!!!


別の友人:「さーー・・・アーモンド?」


いきなり「おアーモンド見」疑惑浮上。


結局、誰かの「でもかすかに桜餅のにおいがするー」という
曖昧極まりない証言により、「お花見」はめでたく成立したのですが
実際のところどうなんでしょう。
実のところ、誰も「桜だ!」と言い切れるほど
間近で桜を見たことがないのですよ。


ところで、日本のウサギは月でお餅をついていますが
イギリスのウサギはバスケットに卵を入れて運んでくるのが仕事です。
日本に帰省中の母は、おみやげにこんなイースター・エッグを持っていきました。


egg.JPG

egg2.JPG

(中に入ってるのも卵型チョコレート)


まゆみが誕生日にもらったのは「福笑いエッグ」。
イースターとお正月がいっぺんに味わえるシロモノらしい。



大手スーパー担当のウサギもがんばった。


これみんなタマゴ!(゚∀゚)


お財布に余裕のあるあなたには、なんかセレブなやつもあるよ。
Godivaのゴージャスエッグ(38ポンド=約8900円)でしょー、
メゾン・ド・ショコラの引き出しがついてるエッグでしょー、
あとFortnum&Masonのシャンパントリュフ入りエッグ(25ポンド=約5900)とか。

そのかわり(・・・どのかわり?)、私は6月に両親が
ウェールズのお友だちの結婚式に出席するので、
その「出席します」カードにお祝いのウサギイラストを描いたよ。(ノ´∀`)ノおめでとう。




*♥*:;;;;;:*♥オマケ*♥*:;;;;;:*♥


gingy.JPG


ペン付きジンジャーブレッドマンをみつけたので
描いてみました。しょうが味が苦手でなければおいしいです。
ジンジャーブレッドマンを知らない方は
「シュレック2」のDVDでご確認ください。ちなみに小さいほうです。


ジンジャーブレッドマンのお話って、案外知らない人多いんですよね。
知らないというか、細かいところを微妙に誰も覚えていない。
そういう私の記憶も不確かですが、確かジンジャーブレッドマンは
走って逃げて、走って逃げて、最後はキツネに食われるんだよね。
逃走が実を結ばないところが「泳げたい焼きくん」とちょっと似ている。


みなさま、良いイースターをお過ごしください。


大学生ブログ選手権←Happy Easter!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »