« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

じんこうぅぅぅぅ~ゆきいぃぃぃぃぃ~~!

※超古い話題です!※

31.1.07の日記をアップしてから、色々な方が
「日英ごちゃまぜ言葉」を投稿して下さいました。
他に身近な人のジャパングリッシュでは
「信号、緑になったよ!」とか。(byまゆみ妹[23])

最近一番ツボだったものをご紹介。

先日ロンドン組でごはんを食べにいったとき、kkが隣の人に
「オーダーもうdid youした?」って言ってましたーーーー。

センテンス単位で豪快にミックスですよ。
動詞did youだし!

これはちょっと流行りそうな予感。

A:「もうあれ●●した?」
B:「しまった、まだディデュってねえーー!!!」みたいな。

みなさんもお友だちに「今度あれディデュる?」とか
「みんなでディデュっちゃう?」とか言って流行らせてください。


話は変わって、週末はそのロンドン組とスキーに行ってきました★
ロンドン・ユーストン駅から電車で1時間弱、
ミルトン・キーンズの屋内スキー場・Xscape


小さい頃にオーストリアとアンドラでスキーして以来、
スノースポーツはかなりご無沙汰な私。
今回は見事14年ぶり、イギリスでは初のスキーです。
子供の時にはスキースクールにぽーんと放り込まれ@わが家の典型的パターン
わけもわからず山のてっぺんから落とされたり滑ったりしてましたが、
今回は年齢という障害が。


そこへ運動不足・本来の運動神経のなさが拍車をかけて、
かなり不安な感じ。
ええと、ストックってどうやって握るんだっけ…?しっかり!


もしかしたら、私と少し同じニオイのするのこちゃんが
一緒にすっ転んでくれるのではないかと
一縷の望みを抱くも、

のこ:「私?スキー検定2級!」

で始める前からビリ確定。・゚・(ノД`)・゚・。

自分の体のフォルムは、もともと
二足歩行(&滑降)に適していないなあと思っていましたが、ううむ。


hip.jpg

超へっぴりヒップな私@リフト恐怖症。


まあ、なんとかそこら中に手とか足とかをバラ撒くことなく
無事滑れました。
みんなが「シュッシュッシュッ」って滑ってるのに対して
私は常に半ボーゲンで、「ズ…ズ…ズ…」って感じだったけどまあドンマイ。
しかも掛け声は「あーーーーーれーーーーー!」(笑)


なんにせよ、楽しかったのでよしとする。


gr1.JPG


今、筋肉痛もなくピンピンとしてるのが逆に不気味なんですが。
一週間後にいきなり起きれなくなるとかそういう…?


大学生ブログ選手権←でも結局風邪ひいたしな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忙しいので、

最近のできごとを箇条書き。


①FAカップを観に行った。

memum.JPG

ft1.JPGft2.JPG


ママの誕生日に、FAカップ5回戦:ノリッチvsチェルシー戦のチケットをプレゼント。
特にチェルシーファンでもありませんが
たんに地元なので。近いので。

駅に着いたら道路は閉鎖されてるわ
騎馬警察がパトロールしてるわで
紳士のスポーツ:テニスを観て育った私は
どうしようかと思いましたが(なんて。ウソウソ。)
平和に観戦すること90分で無事4-0の快勝。

私みたいな素人でも、テリーとランパード観るぜイエー!みたいなノリで
本当にサクっと観れちゃうところがすごいと思います。


lamps2.JPG


②パンケーキを作った・食べた。

pan.JPGpan2.JPG

なぜって火曜日はパンケーキ・デーだったから。
今調べたら、カトリックの国々&アメリカのフランス語圏エリアでは、
パンケーキ・デーのことをマルディ・グラと呼ぶらしい。

…同じ!?ふたつは同じ祭りなの!?

マルディ・グラって、なんかこう
山羊の生贄を背負って踊ったりしてるイメージだったから。どこの国だよ!

頑固にプロテスタントなイギリスでした。


③ミュージカル:エビータを観にいった。

eva2.jpg
evita3.jpgeva.jpg
ロンドン公演公式ページ。ビデオも観れるよ。


「アルゼンチンよ泣かないで」で有名な、
まゆみのスキスキミュージカルのひとつです。
例によって、今回もお食事つきで20ポンド(約4800円)というお財布に優しい特別チケット。
lastminute.comにはもう足を向けて寝れません。

マドンナ主演の映画版も結構好きです。
アントニオ・バンデラスのチェがかっこいいので。

一緒に行ったTいわく
「ドーン!バーン!ワー!って終わるのに慣れてると、物足りないよね」
ということですが。確かに、
一国の大統領夫人にまで上り詰めて
聖人と謳われたエヴァも、最後は(ネタばれ反転)
子宮癌で死にました。っていうかペロンはそもそも私のこと愛してたの?
というバッドなエンドなので。

むしろ、今回プログラムをじっくり読んで結構ショックだったのが
アルゼンチンタンゴの発祥について。
なんでも昔のアルゼンチンのガウチョ(カウボーイ)たちは
お風呂に入らなかったので、踊りの相手をした
商売女たちは彼らの腕に身体を引っかけるようにして組み、
頭を反らして&離して踊ったんだとか。クサイから。
で、踊り終わった後ちゃんと代金を支払ってもらうために
手はさり気に男性の右ポケットの上。

情熱のタンゴを踊る女たちも、本音は
うへぇーーーーー!!!(≧Д≦) 
私もうムリ!あ、でもお代!

とかそんな感じ?
わあ、ロマンチックー…

まあでもいいです。
アントニオ・バンデラスのチェはかっこいいので。

大学生ブログ選手権

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Roses are...

「これでダメなら採血&胸部X線ですねー」って医者に脅されて
初めてピンチを認識したらしい私の体。

一応の復活デス。
ふぅーーー、今回は長かった…。


で、写真待ちのスキー記事はとばして、今日は記念更新です。
なぜなら日本じゃ今日は、
男女が仲良くカカオにまみれる例の日だから。
当たりましたか砕けましたか?女子のみなさん!←失礼&不吉。

ちょうど恋愛ネタ(ネタチガウ)で書いてほしい、っていう
リクエストもちらほらあるので。

ash_heart.JPG

PAULのバレンタインケーキを狙うアッシュ。

有名な話だとは思いますが、イギリスのバレンタインは日本とちがって
女の子が全ての労力を負担しなくていいし
チョコ屋だけじゃなくて、旅行業者も花屋もレストランも劇場も
均一に儲かるシステムになっているので
まあフェアな方かな…と思わなくもないです。


っていうか嘘ですすみません。
イギリスの男性は毎年バレンタインの重圧の下で
もがき苦しんでると思います、正直。
だってイギリスのバレンタインって、実は
ワイフ・ガールフレンド感謝デーですからね!!!

blue.JPG

パパがママにあげた青い薔薇。

女の子はみんな、花束が届いたりぬいぐるみを買ってもらったり
ローマに連れていかれたりしていて(@豪勢カポー)楽しそうです。
男の子はみんな、オロオロうろうろキャンキャンしていて微笑ましいです。
「花束そこじゃ見えちゃうよ!」とか「そのお花はしなびてるよ!」とか
つい口を挟みたくなってしまう。

一度、朝起きてきたら寮の部屋のドアに
花束がセロテープでバーン!と貼り付けてあった。
どうせ犯人は酔っ払ったフラットメートですよー。
何はともあれ、何かが届いたりもらったりするとドキドキしますね。

rose.JPG

うちのカレッジでは、抽選でバレンタインの相手が
適当にあてがわれ、一週間かけてお互いにロマンチックな演出をする。。。という、
ちょっと温度が下がりそうなイベントを毎年MCRでやってますけどね。

pu.JPG

チョコは嫌いなのでプリンを作ってみました。


せっかくだし、男性諸君のためにシェイクスピア的・愛の言葉を。

…あれ?不吉なのしか浮かんでこないぞ。

ええい、これでどうだ。

One half of me is yours, the other half yours-
Mine own, I would say, but if mine, then yours,
And so all yours.

III.ii.16-18


一見ココアの香りがしそうなくらい甘いですが、このわずか一行後くらいには
「権利」とか「財産」とか物騒なコトバが早くも登場です。
ラブい話のはずが、なぜか商取引と金銭の話に!クイズ:どの劇でショウ。

シェイクスピア。夢もロマンもない男。

大学生ブログ選手権
↑私?私は混雑を避けて劇場にいきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Bed-bound

「バ●は風邪をひかない」と言いますが、それじゃあ
週末たったの2時間スキーに行っただけで高熱を出した私は
バ●じゃないんですね、本当ですね?
でも堂々と言うことでもないと思う。


もう、白血球さんたち大パニック!
大リンチくらってますよ。


体温も38℃を超えると、さすがに地面と垂直に
立っていた頃が懐かしいです。


今は鼻も乾いてヒンヒン言ってますが、
消化器さん・免疫さんに頑張ってもらって、
薬物をそれなりに投入して、
早く復帰したいです。スキーの記事も回復後アップ予定。


うぅーーーー、体中の血液を裏ごししたい。

大学生ブログ選手権
↑ただいま16位・53位・9位・1位(海外カテゴリ)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »