« お知らせ | トップページ | 踊れビリー »

明けまして。

新年明けましておめでとうございます。
本年のみなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

2007年も「まゆソ」をよろしくお願い致します!最初くらいは格調高く(*´艸`)


実はイノシシ年生まれの私、今年は年女なのですよ。
なので最後がという中国の干支は断じて認めん!(←ほら、本人はキュートなウリ坊のつもりだから。)


よそ見しまくり、ターゲット見失いまくり、そのうえ走りは亀ペースという、
猪突猛進の正反対を地でいくヤツですが、まあそれはそれで。なんとか。かんとか。
お見捨てなきよう…。


大晦日の日は、家族で紅白歌合戦を観てました。
例の(ハダカオドリの)件は、パフォーマンス中に
※ボディスーツを着用しています※」とテロップを流せば済むことだったのではなかろうか。

遠目に見ている視聴者が、「…ん?」と思うことは分かっているのだから。
抗議が来ることも目に見えているのだから。

事前にリスク・マネージメントを!
理論武装を!

そこらへんの詰めが甘いぜよN●K。

えーとそれで、一応年越し蕎麦もお雑煮も食べました。



年越しイベントは、ロンドン市長が主催するカウントダウンの花火に行ってきました。
その前後の時間、ロンドン内の公共交通機関は無料になったりする。




11時半すぎから、テムズに架かるランベス橋に陣取って、
ロンドン・アイ(観覧車)周辺からあがる花火を堪能しました。

寒空の下長時間待ってる間、暖かいモノのひとつも売りにこない気の利かなさも、まあご愛嬌。


upするタイミングを逃しそうなので、クリスマスの画像もついでに。
ターキーは焦がしました(ママが)。
ケーキはプロにアウトソーシング!訳:今年はPAULでケーキをオーダーしたのですよ。


料理をしている間に、クリスマス恒例の女王のスピーチは見逃しました。

今年のクリスマスはこんな感じでまったり過ぎていったのですが、
過去のクリスマスで割と覚えているエピソードを紹介すると、

1)「クリスマスに欲しいものは、12月1日までにサンタ宛てに書面で提出」というわが家のルールにのっとり、「犬が欲しい」と書いたある年の私(推定7歳)。

サンタからの返事の内容は、「生き物はソリに乗せられないのでご容赦頂きたく云々」とかそういう感じ。

でもそのソリは生き物(トナカイ)が引いてるんじゃん!と心の中で叫んだ12月。

2)イブの夜には、サンタとルドルフ用にちょっとしたお菓子を出しておくのが習慣だったので、ある年サンタ用にビスケットを、ルドルフ用にみかんを置いておくことにした。

朝起きてきたら、ビスケットは消えていたが、みかんは残っていたので、「ルドルフは来なかったんだー」と残念に思っていたところ、(いやまあ、来るならセットで来るだろう普通)パパが「よく見てごらん」と言うのでまじまじと見てみたら、そのみかんは皮がちょっとだけむいてあった。

なので、「今年のルドルフは時間がなかったんだー」と納得しなおした。


クリスマスというのは、夢見る側(子供)と幻想を支える側(大人)の
共同作業の上に成り立っているイベントなのだなあとしみじみ思う。

(いないと思うけど)ここをごらんのこどもたちへ:わかってると思うけどサンタはいるよ?
(いい笑顔

大学生ブログ選手権←Happy New Year!

|

« お知らせ | トップページ | 踊れビリー »

Mayumi's Misc.」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます

いつも楽しく読ませていただいています。

素朴な疑問があったのでお尋ねしてもいいですか?

まゆみさんご家族はずっとロンドンで生活をされてますよね。
それはご両親のお仕事が転勤か何かでずっとイギリス生活に
なったのですか???

私は今アメリカの大学院留学中なんですけど、就職ってなると、ビザのことやらが、ごにょごにょとひっかかり、異国で働くって、好きだからずっと生活するって。。。色々と難しいなぁと実感している次第です。。。で、なぜに??ずっとロンドンにいらっしゃるの?!と疑問に思った次第で。。イギリスは外国人の就労はそんなに厳しくないのですか??と、ふと思ってしまいました。不愉快なご質問だったら、ごめんなさい。

これからもブログ楽しみにしています。良いお年を。

投稿: peko | 2007年1月 3日 (水) 13時09分

新年おめでとうございます。

私も色々な国に住み(但しイギリスには行つたことがない。)現在は、日本に住んでいます。多分ご両親より少し年上だと思います。

私は、アメリカとカナダその他の国で多くの在留邦人や日系人の子弟をみてきましたが、日本語と英語双方を同等に高レベルで保たれている例は非常にまれだと思います。(日本語英語両方とも水準以下だという人は多くいましたが。)

ところで、6歳で日本を離れて以来一度も日本にすんだことがないまゆみさんは、日本語をどのように勉強されてきたのでしょうか?続明暗を書いた水村美苗みたいなやりかたなのでしょうか?

変な質問ですが宜しく

kazuya

投稿: | 2007年1月 6日 (土) 07時56分

>>そこらへんの詰めが甘いぜよN●K。

カメリハの時は本番と衣装が違っていて、水着だったらしいです。しかも脱ぎませんでした。

DJ OZMAがNHK側に意図的に知らせずに、特異な事をして人々の注目を浴びようとしたゲリラ的パフォーマンスという事です。

投稿: | 2007年1月 8日 (月) 06時46分

→pekoさん

おめでとうございます!

私は、父の転勤で最初渡英しました。
イギリス生活といっても、正確にはウェールズ→ドイツ→ロンドンです。

イギリスでの外国人の就労は、かなり厳しいと思いますよ。私は幸いビザの問題はないのですが・・・いずれそういうトピックもブログで取り上げたいと思います。乞うご期待…w

→Kazuyaさん

おめでとうございますー。日本語と英語が高レベルだと言って頂けて、嬉しいやら申し訳ないやら。「どのように英語をマスターしたか」「どのように日本語を維持したか」についてはたくさんの方に質問を頂いているので、近日中に記事にしたいと思います。飽くまでも私個人にのみ関することですが…。もしよろしかったら、ごらんになってください!

→匿名さん

ゲリラパフォーマンス!そうだったんですかー。They wanted注目、they got注目。ですね。

投稿: まゆみ→コメント返し | 2007年1月 8日 (月) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415146/7553197

この記事へのトラックバック一覧です: 明けまして。:

« お知らせ | トップページ | 踊れビリー »