« リリィ・シュシュのすべて | トップページ | …げ。 »

Ashmolean Museum

オックスフォード大学所有の博物館、Ashmolean Museumに行ってきました!

ターナーラファエルの絵画の他に、モダンアートや彫刻など、色々なものが展示されてます。ハイ・ストリートから歩いてすぐ。

↓この日はお天気が崩れるというのであえてインドアお出かけを選んだのに、あいにく(?)の晴天。↓


せっかくなのでちょっと中も覗いていこうよ

↓↓↓↓

1683年設立のこの博物館、世界で最も古い博物館のひとつらしい。入場無料
↓古代ギリシャの間(なぜかフラッシュ撮影OK)↓


↓古代エジプトの間のパピルス↓

チャリティ・ショップに売ってそうなお皿↓

…なんだか見ればわかるよ的な説明ばかりで恐縮ですが、なぜこの美術館ツアーがこんなにもウダウダテキトーかというとですね、実はこれ、例のMay Day Celebrationのために20歳過ぎの老体に鞭打って無理やりオールした同日で、友だちと「とりあえずいったん帰ろう!そして眠ろう!」ということで一時解散したあと、数時間仮眠をとったのち再び集合しての来館なのです。つまり疲労MAXの状態でのぞんだワケです。ええ、細かい年号とか説明文とか興味ない絵とか(え)さらっとスルーしてますがお気になさらず。

↓多分この日いちばんの収穫はターナーのこの絵。タイトル:"The High".↓

オックスフォードのハイ・ストリート(通称【The High】)を描いたこの作品、左手にクリントン大統領の出身校でもあるUniversity College、右手にAll Souls Collegeの寮長の家、奥にCarfaxが見えます。ガウンを着た人もウロウロしていますが、現代でもまあこんな感じ。お天気だけ全くのフィクションだな。

比較的こじんまりとしたミュージアムなので、オックスフォードに来られた際にはふらっと立ち寄ってみるといいかと思います。

美術館に来るとまずカフェの場所をチェックする人全員クリック。

|

« リリィ・シュシュのすべて | トップページ | …げ。 »

Mayumi's Oxford」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415146/7553145

この記事へのトラックバック一覧です: Ashmolean Museum:

« リリィ・シュシュのすべて | トップページ | …げ。 »